ハムストリングが痛い|50代 男性 立川市

河川敷を走る男性ランナー

患者

主訴:ハムストリングの痛み 50代 男性 立川市

趣味 ランニング

 

ハムストリングの痛みの症状

2年前に左膝半月板を手術した。

半年前にランニングを再開。

2週間前にスピードを上げて走った翌朝、右ハムストリング付け根に痛みが出現。

練習を休むと痛みが緩和されるが、走るとまた痛む。

1週間後の10kmの大会に出たい。

 

ハムストリングの痛みの鍼灸治療と経過

右ハムストリングの内側がとても硬くなっていました。

痛みはハムストリング付け根の坐骨近くに感じていました。

特に半腱様筋が硬くなっており、付着部が引っ張られて痛みが出ているようです。

また、右足関節の可動域も小さくなっていました。

足関節が硬くなると、背屈動作がしづらくなります。

そうなると乗り込みが上手くできなくなり、脚が流れやすくなります。

その為にハムストリングの負担が大きくなっているのでは?と推測しました。

背中から右下肢後面と右足関節の周りに鍼治療をしました。

 

2回目(1週間後)

「レースは走れましたか?」

「無事に走れました。ありがとうございます。走っている時は大丈夫でしたが、終わった後に痛みが出ました。また来週ハーフマラソンを走るので治療に来ました。」

症状が改善されていたので、前回と同じように施術しました。

それに加え、股関節周りを入念にほぐしました。

 

3回目(3週間後)

「ハーフマラソンはどうでしたか。」

「コースがきつくて後半の上り坂で気になりましたが、しっかり走れました。年代別で3位になり、表彰台に乗れました。」

 

まとめ

ハーフマラソンを完走できただけでなく、結果を出せたことが嬉しかったです。今後はハーフで1時間20分を切ることを目標にされているそうで、それに向けて定期的に治療に来てくれるとおっしゃっていました。